わっしょい!お祭り隊!!

2011年12月 4日 (日)

The ひょうたん!@千歳町

こんばんは、事務局のタカッチです。

今日はまさに「ひょうたん」な1日!
千歳町にて、ひょうたんに関する(!?)イベント・お祭りに行きました。
千歳町の情報発信、魅力や伝統文化再発見の意味で紹介します。


毎年12月第1日曜日、千歳町が一気ににぎわいます!
午後から、「ひょうたんまつり」が行われます(詳細後述)。
奇祭として、県内では有名です!
(全国ニュースやヤ○ーのTOP画像で紹介される年もございます。)
そのまつりに関連し、午前中はマラソン大会が行われます。

さて、まず「ひょうたん健康マラソン大会」へ。
今年で9回目です。
スタッフということで、早朝から準備に駆けつけました。

毎年200~350名の参加者が、九州を中心に各地から訪れます。
今年は遠く山口・愛媛から、昨年は青森・東京・愛知からの参加もあった
ほどです。
それを、地元のボランティアスタッフ約100名がおもてなしをし、運営に当たります。
(なお、青年団メンバーにボランティア募集をしましたが、皆別件があるとのことで…。)

ひょうたんと冠する大会ゆえ、こだわりがございます!
表彰用のトロフィーは…
Img_5842
…ひょうたん!
左のキャラクターは、後述するひょうたんさまをモチーフにしています。
これも、地元スタッフの手作りです!
また、このひょうたんさまのコスプレ選手も参加します(笑)

心配された天気もなんのその、快晴でマラソン日和!
大きな怪我や事故無く無事に終了しました!

参加者の皆様、ご参加ありがとうございました!
またスタッフも含め、お疲れ様でした☆

なお、来年は10回目の記念大会となります。
うちの団員も協力できれば…となんて思っています(笑)

さて、午後は「ひょうたんまつり」へ。
大きなわらじとひょうたん、赤い衣装を身にまとった「ひょうたんさま」が、冬の千歳町高柴路を練り歩きます。
ひょうたんさまが振舞うお神酒を飲めば、無病息災のご利益があるとか!?
(※車両運転者の飲酒は×!)



さあ、この祭りの由緒について、ここでクイズです!
【Q】以下の斜線自体文章中に、虫食いがございます。
その虫食い部分に入る語句をお考えください。
※超難問です!!


かれこれ(1.800)年ほど前、豊前・豊後国の(2.大友)氏VS(3.薩摩)国の長期の戦いが勃発。
これを憂えた(4.宇佐八幡(神宮))のご神霊は、その分霊にこの地を治めようとさせた。

これを聞いた地元の豪族:(5.益永)氏が、(6.ひょうたん)に清酒を入れ、 流鏑馬や獅子舞などを柴山八幡に奉納したという。



…以上が由緒です。
おそらく全問正解者数は、1桁レベルかもしれません。。。
解答を知りたい方は、虫食い部分をドラッグ(マウスでこする感じ)してください。
#余談:先日のふるさとまつりでの豊後大野クイズラリーにて、市内の伝説等をこのように虫食い問題で出題しようとも考えていましたが、難しすぎるので却下に。。。

さて、会場入りは15時半。
マラソンの準備で遅れました。
ただ、昨年よりも1時間早く終わったので、「もしかしたらひょうたんさま」が見れる!という期待を胸に、急いで会場へ!

…ギリギリ間に合わず。。。orz
Img_5978
左の赤装束の方がひょうたんさまです。
ひょうたんさまは行列を終え、お仮場にいました。

ちなみに、行列姿はこのような感じです。
125
↑2004年あたりの画像です。

ひょうたんさまとお神輿がお仮場へ入った後、獅子と神楽が続きます。

☆獅子
Img_5983

柴山地区、高畑地区の獅子がそれぞれ納めを奉納。


☆神楽
柴山神楽による奉納
Img_6007

さて、このお祭りのもう1つの目玉が「流鏑馬(やぶさめ)」です!
ひょうたんさまのあとに、神馬にまたがる清者(しょうじゃ)さまが同行します。
ひょうたん行列後、白装束姿に着替えた清者さまが馬と共に高柴路を颯爽と駆けました。Img_6001

さらに、奇跡(!?)も起こりました!
Img_5995
右奥にある電柱の上をよ~くご覧ください。
縦に虹が走っているのをご確認できるでしょうか?
おそらく、「太陽の暈(かさ)」(太陽の周りを囲む虹のような輪)でしょう!
颯爽感、神々しさを強く感じた今年の流鏑馬でした。

さて、流鏑馬後は神楽1演目だけみて帰宅。
マラソンの準備・片づけで腰をはじめ体を痛めてまして…(汗)
ここにてお暇です。。。
10代の頃は最後のお帰りまで見ましたが、20代になってからは。。。(汗)

なお、おまつり中は、地区公民館が無料休憩所として開放。
飲み物が準備されていたり、地区の方の芸術・文学作品が展示されていたりしていました。
Img_5987
このような空間は素敵ですね☆
おもてなしの心が伝わり、観客としてもありがたい場所です。
また、地元の方の作品展示により、地元外の方に自分の作品を見ていただけるよい機会となります。
知っている限り、市内では他に、三重町上田原地区が3年に1度の湯立神楽の際に、公民館を有効活用されています!
(他にもたくさんあると思います!)

さらに、地元の出店もございました。
ひょうたんや地元を流れる大野川の簗場で採れた鮎が販売されていました。
地元の文化や自然、自慢を地元の方自らで販売する…これも素晴らしいことですよね!
地元の方にすれば、自分たちの商品が売れることで1つの自信にもなりますし、PRにもつながります。
また、地元外の方にすれば、この地域の特色がわかりますし、よい買い物ができます!
そしてなにより、この出店により、地域の方とお客様との交流の場ができますしね☆

さて、今年のひょうたんまつりですが、結構お客様が多かったです!
特にメディア関係が多かったです!
例年のように地元メディアはもとより、市のケーブルテレビ、さらにはエジプト研究で有名なあの吉村作治氏による番組ロケで多くのメディア関係者が訪れていらっしゃった印象です。
その他、地元以外であろう方も多く見られました。

伝統あるこのお祭り。
奇祭ということで、多くの方より注目されています。
このお祭りにあたり、地元の方々の多大なる努力があることを忘れてはなりませんね!
おもてなしの心も感じますし、必死に伝統を守る姿も見られます。

どの伝統行事についてもそうですが、伝統を守られる方の存在を考えるべきですよね!
伝統を守ることがどれだけ大変か、その伝統をしっかりと守るという強い郷土愛を地元の方が持たれていることをまずは頭に置きたいですね。

そして、観客がその伝統を邪魔することがないよう気をつけることも必要でしょう。
「観客の写真撮影が集中しすぎたせいで進行が遅れた」、「違法駐車で迷惑が発生している」、「危険な行為をするお客様がいる」…なんてないように気をつけたいですね!
見る側・見守る側のマナーも、実は伝統継承上でも大切なのかもですね。
自ら伝統を直接継承する存在+見守るなど間接的ながらも継承に関わる存在、この2者の存在があるのかと。
まあ、マナーについては、私自身にも言い聞かせます。

それにしましても、天気がよくてよかったです!
雨男な私ですから、今日の天気を心配していました(笑)
きれいな夕焼け&太陽の暈も見ることができてよかったです☆

今回は、地元の奇祭やイベントについて紹介しました。
やや個人的&上から目線で恐縮です。
ただ、「豊後大野市(千歳町)の魅力・情報発信」、「地元を盛り上げる地元の方の存在」、「地元の文化・伝統を知る/みつめる」などの観点から、青年団として学びあることだと判断し、今回執筆しました。


「ひょうたんさまが歩けば、冬が来る」

…のような言い伝えが地元に残っています(表現は不確かですが、内容はこのとおり)。
寒さが厳しくなる時期です。
風邪にはお気をつけください。

--------------------------------------

<大分県豊後大野市青年団なないろベース>

○H  P→http://bungo-ohno.oitars.net/

○MAIL→bungoohno@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

◎第6回御嶽流夜神楽◎

こんばんは、事務局のタカッチです!


昨日は、清川町で行われた「御嶽流夜神楽」を観に行きました♪
大分県内で現在唯一、国指定重要無形文化財にしていされている御嶽神楽。
豊後大野市を代表する神楽座の1つです!


さて、6回目を迎えた夜神楽の様子を簡単に紹介いたします。
Img_4861
八雲払(やぐもばらい/やくもばらい)という演目。
綱に見立てたオロチを、スサノオノミコトが退治する舞です。
真剣でズバッと斬る瞬間が見所です!!


Img_4904
心化(しんか)という演目。
当日の会場でのリクエストで2位に選ばれた演目です。
(1位は“貴見城(きけんじょう)”という演目。)
8人立てという賑やかな演目で、姫のしなやかさと補佐の激しい舞が見所です!


Img_4986
岩戸開(いわとびらき)という演目。
岩戸にこもられていた天照大神(アマテラスノオオミカミ=太陽神)が無事に岩戸から出てきて、世は無事に光を取り戻しましたとさっ☆



今回は雨が降りましたが、それでも多くの観客で賑わっていました♪
Img_4894

私は神楽大好き人間ですが、夜の神楽は特によいですね♪
作物が実り、虫の声も聞こえる秋の夜。
里山に神楽囃子が響き渡り、祭り会場では舞い方や観客の歓声で賑わいを見せる
…風情があり、贅沢な気もします♪


神楽座のみなさま、スタッフのみなさま、楽しい時間・空間を本当にありがとうございました☆


※この夜神楽の様子を詳しく知りたい場合は、以下のブログ(リンク先)をご覧ください。
http://ameblo.jp/takatch/entry-11062912327.html
(※私タカッチの個人ブログに誘導し、申し訳ないです。神楽好きなため、詳しめに書いています。)

---------------------------------------

<大分県豊後大野市青年団(なないろベース)>

○H  P→http://bungo-ohno.oitars.net/

○MAIL→bungoohno@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

緒方五千石祭

こんばんは、事務局のタカッチです。

本日は、緒方町の「緒方五千石祭」に行きました!

岡藩の米どころ、緒方平野。

豊作感謝の秋祭りは盛大です!

もともと、緒方町内各地区で行われている秋祭りの連合祭としてこのお祭りが始まりました。

(昭和7年の合併を機に始まったそうです。)

町内の神楽・獅子・白熊(はぐま)・神輿などが一同に集い、賑やかに舞を披露します!

ちなみに昨年の様子です↓

http://bungo-ohno-seinen.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-f69c.html

さて、今年は10時過ぎに会場(緒方小学校)入りしました。

会場では、白熊が行われていました。

白熊(はぐま)=棒の先に羽を付けたものを持ち、歌い踊ります。発祥は定かではありませんが、大名行列を模したのではといわれます。豊後大野市西部で多く見られます。神輿行列に花を添えます。

Img_3514

越生白熊

Img_3515

大化白熊

白熊ご一行が神輿安置所に到着すると、一気に神輿が更新します。

Img_3520

町内各地区/神社の神輿が一同に並びます。

Img_3537

たくさん神輿が一同に集う…この光景は大変珍しいとか!

安置された前で、獅子が納めの舞を奉納。

Img_3528

flair豆知識flair

この豊後大野(他地域でもそうかもしれませんが)の祭り行列の一般的な順番です。

one天狗(道祖神/道の先導役:猿田彦)&神楽→two獅子(神様が通る道&鳥居を掃除したり安全確認したり)→three白熊や棒術→four神輿(神様がおわします!or神様自身です)

さて、神輿がそろい、この祭りの成功/緒方町の反映/震災や台風からの復興を祈願する御幸祭(みゆきさい)が行われました。

Img_3538

その後、緒方町の伝統芸能:千盆搗(せんぼんづき)の披露です。

緒方町に伝わる大分県指定無形民俗文化財です。

溜池の新築・改築時に行う地固め作業、井路の漏水箇所に赤土を塗り修復する作業の場面を芸能化したもののようです。

作業指揮者の「木遣り手」が木遣り歌を歌い、それにのせて搗き手(つきて)や盛手(もりて)が作業を行います。

Img_3543

今回初めてみました。

各工程を忠実に再現していました。

鍬で地面を掘ったり、足で地面を固めたり。

木遣り手の調子に乗せ、搗き手と盛手も唄いながら作業していました。

まさに当時の生活をそのまま芸能として残しています。

生活/民俗の継承といいますが、生活観がうかがえる芸能でした。

その後、神楽奉納。

地元の緒方三社神楽に加え、今年は三重町の松尾神楽も奉納。

この祭りの見所である「出会い神楽」(二座の神楽が同時に舞を奉納)が始まりました!

<五方礼始>

神楽を始めるにあたり、五つの方角を鎮めます。

Img_3551

緒方神楽さん

Img_3552

松尾神楽さん

ここで、しばらくタカッチは会場を離れます。

約2時間後、再び会場へ。

<五穀舞>

保食神は、スサノオノミコト(or月読命)をもてなす際に、体の穴々から五穀を出してもてなす。

その行為に怒ったスサノオ(or月読命)は、保食神を斬り殺します。

すると、保食神の遺体から、五穀の種が出てきました。

その五穀の種を田畑にまき、五穀豊穣を願う神話の舞です。

現在では、五穀の種の変わりにお菓子やお餅をまき、観客から大変喜ばれます。

Img_3594

緒方神楽さん

Img_3592

松尾神楽さん

ちょうど私が到着したときには、お菓子まきが終了。

あと一歩早ければ…。

次の演目は、各座違う演目を同時に舞います。

松尾:<綱伐(つなきり)>

ヤマタノオロチ伝説を簡素化した舞です。

Img_3597

綱の呪文を唱えています。この舞の説明しています。

この後、真剣で綱に見立てたオロチをズバッと斬ります!

緒方:<神逐(かみやらい)>

悪さをして暴れるスサノオノミコトを、八百万の神々が人間の住む下界(葦原中津国)へ追放する舞。

Img_3601

若き日のスサノオはわがままで暴れん坊!

八百万にたくさんのいたずらをします!!

…と、途中ですが、用事のためここにてお暇。

最後まで見たかったですが、仕方ありません。

なお、この後、神楽は夜まで続きました。

また、夜には花火も上がりました!

もう1人の団員が夜に参加したそうですが、花火やお店の雰囲気がよいと、ネット上でつぶやいていました(笑)

さあ、季節は秋。

豊後大野でも、各地区の神社を中心に、五穀豊穣に関する秋祭りが開催されます。

実際、私の住んでいる地区も明日あります!

獅子を舞いますよ~♪(笑)

こうした地域の祭りは宝であり、魅力であり、教育の場でもあります。

今後も大切にしたいですね!

地元&お祭り大好きな私もがんばります!

以上、緒方五千石祭のレポートでした!

---------------------------------------

<大分県豊後大野市青年団>

○H  P→http://bungo-ohno.oitars.net/

○MAIL→bungoohno@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

◎2011夏祭り2~あさじ夏まつり~◎

こんばんは、事務局のタカッチです。

今夜は、あさじ夏まつりに参加しました!

しだはら湖面火まつりに続き、個人的に初参加でした。

さて、今回は団員4名が参加しました。

以下、夏まつりの様子です。

○板井迫子ども神楽

Img_2415

「平国」と「柴曳」の2番が奉納されました。

小学生が待ってましたが、とても元気で会場が盛り上がりました!

○早飲み・早食い大会

このお祭りの風物詩のひとつのようです。

Img_2425

子どもはラムネ早飲み

Img_2432

大人はビールで早飲み!

また、早食いでは子どもたちがカキ氷を一気に食べました!

見ているこちらまで興奮しました!!

○盆踊り

夏まつりといえば、盆踊り♪

保育園児の踊りと一般の踊りがありました!

Img_2455

お盆の夜に踊りの輪が広がりました☆

○お楽しみ抽選会

Img_2460

景品がとても豪華でした!(お食事券、朝地牛最高1万円分など)

また、当たり本数も多かったです!100本はあったはずです。

まあ、団員はあいにく誰も…(汗)

○花火

お祭りの最後は、これまた風物詩の花火でした☆

Img_2573

Img_2665

夏の夜空に大輪の花が咲き乱れました☆

朝地の夜が明るくなりました!!

…ということで、以上が夏まつりの様子でした。

昨年は1,200人もの方が訪れたそうです。

今年は雨もちらつき、はじめは客足が少なかったものの、

次第に増えてました!1,000人近くはいらっしゃったのではないでしょうか。

Img_2436

宴酣の会場です。

また、とある団員いわく、「結構子どもの参加が多いですね!」とのこと。

そのとおり、子ども(中高生も含め)が多かった印象でした!

おそらく、夏まつり自体が楽しいものですし、

夏休みで学校が無いのでこのような夏まつりで友達と会うのでしょう。

私自身も、小さい頃から夏まつりが楽しみですしね♪

こうした小さい頃の夏の楽しい思い出が、地域への愛着を育てるのかもしれませんね。

たとえ地元を離れ生活しても、「お盆になったらまた豊後大野へ帰り、あの夏まつりにいきたいなぁ…」と思うかもしれません。

この意味でも、お祭りの意義は大きいはずです!

非常に楽しく、1つ1つの内容に驚きがあった夏まつりでした☆

参加してよかったです!

運営や出演の皆様、本当にありがとうございました!!

さて、まだ豊後大野の夏まつりは続きます!

○20日(土)○

おがた井路まつり=10時~、緒方町原尻の滝にて

三重町納涼花火大会=夜~、三重町大原グランドにて

○27日(土)○

豊後犬飼大野川フェスティバル=19時~、犬飼町大野川河川公園にて

○28日(日)○

菅尾石仏火まつり=夕方~、三重町菅尾石仏にて

※以上の情報は、豊後大野市観光協会さまのサイトを参照させていただきました。

 観光協会さま、いつもイベントの情報をありがとうございます。

 ・豊後大野市観光協会→http://www.bungo-ono.jp/kanko/

 

さあ、夏も終盤ですが、祭りは盛りです!

ぜひ豊後大野で熱く濃い夏を過ごしませんか??

みなさまのお越しをお待ちしておりますm(__)m

---------------------------------------------

<大分県豊後大野市青年団>

○H  P→http://bungo-ohno.oitars.net/

○MAIL→bungoohno@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

◎2011夏祭り!~しだはら湖面火まつり~◎

こんばんは、事務局のタカッチです。

今夜は、大野町で行われた「しだはら湖面火まつり」に初参加しました!

大野町にある、師田原ダム。

この春は枯渇が大深刻でした…。

しかし、無事にその後雨が降り、現在は十分な水を蓄えています☆

Img_2234

私たちの生活に必要な水がここにたくさんあります!

(ちなみに、先日もブログで紹介したとおり、春は桜できれいです!

→http://bungo-ohno-seinen.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-92a2.html)

さぁ、今宵は華やかに彩られるとのことで楽しみですね♪

以下、今年の火まつりについて紹介します。

○御神火到着

この地の鎮守、浅草八幡社より御神火が若者により運ばれました!

シャトルバスで道の駅おおのからダムへ向かう途中、若者が御神火を持って駆け抜ける光景を目にしました!

各地で小松明点火も行われていました。

そして、メイン会場のダムへ!

Img_2239

若者から実行委員長へ。

その後、実行委員長がステージ上の小松明に点火しました!

いよいよ祭りの本格的な始まりです!!

※一口メモ/クイズ大野町では、冬にも同じく、若者が地元の神社から御神火を運ぶ行事がございます。さあ、なんという行事でしょうか?(いつものごとく、あえて正答は出しません。)

○開会式

Img_2242

会長挨拶内で、この火まつりの説明がありました。

単にお盆の夜を賑やかにするために開催するわけではないそうです。

五穀豊穣を願う(水に感謝する)ことや、東日本大震災の復興を祈っての開催だそうです。

○浅草・犬山神楽

地元の神楽座による奉納。

「剣」「五穀舞」の2番立てでした。

Img_2288

五穀舞では、会場にお菓子が振舞われました!

今年も実りの年となりますように…。

○大道芸パフォーマンス

福岡の大道芸人ハリーさんのショーです!

→http://milky.geocities.jp/harry_torayangundan/

Img_2301

炎を使ったジャグリング、風船パフォ-マンス、ローリングバランスなど、あっと驚く美技の連続に大歓声!

また、アシスタントと参加した一般参加者もよい味を出していたような気がします(笑)

○お楽しみ抽選会

1等デジタルカメラ、2等iPod nanoなど、かなり豪華な景品のあたる抽選会でした!

私タカッチは…(汗)

○歌謡ショー

山口紗希栄さんの歌謡ショーです!

美空ひばりさんの歌を熱唱されてました♪

Img_2317

○吉野臥龍梅太鼓

中学生~34歳までと、非常に若く熱気あふれるメンバーによる太鼓!

夜の師田原に鼓動が響き渡りました!

さぁ、その鼓動の中、さらに夏を暑くしたものも登場!

Img_2385

花火です!

太鼓と花火のコラボ、極みの域ですね!!

さあ、花火をどーんと大紹介!!

Img_2342

Img_2346

Img_2374

湖面ということで、水中花火、ナイアガラ花火も登場!

迫力満点でした!!

その他、会場・周辺でも鮮やかな光景がありました☆

Img_2319

七色灯ろう。湖面をすいすい泳いでました♪

Img_2311

届け!「カンバロウ日本」!

Img_2394

帰りのバス車内から撮影(ぶれてすみません)。

浅草八幡社近くにて。

「サヨナラ」のメッセージ。

地元の方の心意気が感じられてよいですね♪

…という湖面火まつりでした!!

今年初めて参加しましたが、評判どおり華やかなイベントでした!

楽しかったです☆

実行委員の皆様、地元の皆様、楽しいひと時をありがとうございました!!

さて、まだ豊後大野では夏祭りがたくさんあります!

このブログでも紹介する予定ですので、乞うご期待を♪

そして、ぜひ実際に豊後大野までお越しくださいm(__)m

みなさまの夏がより一層素敵なものとなりますように…!

---------------------------------------------

<大分県豊後大野市青年団>

○H  P→http://bungo-ohno.oitars.net/

○MAIL→bungoohno@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

白山川ホタルまつり

2011.6.4(Sat) @三重町稲積鍾乳洞

こんにちは、事務局のタカッチです!

先週土曜に、三重町で行われたホタルまつりを紹介いたします。

今年で25回目をむかえるこのお祭り。

歌謡ショー、扇子踊り、神楽などがステージで行われ、その後はホタル観賞となりました。

Img_0943

↑会場である稲積水中鍾乳洞。

日本最大の水中鍾乳洞で、先日は「トイレの神様」で有名な植村花菜さんも訪ねられた場所です!

ぜひとも、稲積水中鍾乳洞までお越しになり、水中の神秘を生でご堪能ください♪

さぁお祭りですが、昨年に続き2回目の参加となりました。

昨年は、

○白山川は日本の名水百選に選ばれているが、河川そのものが指定されるのは珍しいということ(たいてい、湧水などが多く指定されるとのこと)

○名水やホタルがこの地にあるのも、地元の方の努力の賜物でること

…が印象に残っています!

さて、今年はどうだったでしょうか??

まず、歌謡ショーが行われました。

Img_0963

歌好きのみなさまによる歌声が、白山の地に響いていました♪

次に、開会式。

開会式では、最初に東日本大震災犠牲者のご冥福を祈るため、黙祷が行われました。

今回のお祭りも、開催するかどうか悩まれたそうです。

豊後大野では春のイベントが相次いで中止・縮小となりました。

そんな中、「東日本の方々のために何かできることはないか」と考えられた末、

今年もこのお祭りを開き、豊後大野から元気を出したり、募金を行ったりすることに決めたそうです。

さて、開会式後は、地元の扇子踊りのご披露です。

Img_0965

ホタルの保全とともに、郷土芸能も大切に継承されているとのことです。

まさに地域が一丸となっているなぁという印象でした☆

扇子踊りの後は、神楽奉納。

Img_0971

清川町の「ちびっこ神楽」さんによる「五穀舞」。

神楽ビデオを見て覚えたといいます!

基本に忠実に舞われており、本当に上手でした!

ちなみに、私は昨夏この神楽を初めて観て以来、隠れファンです☆(笑)

Img_0992

こちらは三重町「奥畑神楽」さんの「太平楽」。

東日本大震災から何とか復興し、再び明るく賑やかな日本に戻るよう願いを込めた舞のようです。

この後には、「岩戸開」も奉納。

天岩戸が開かれ世に再び明るさが戻ったように、今の苦しい日本に再び明るい光が差すことを願って奉納されたのではと予想しています。

さあ、神楽の後はもちまき。

2つGetしました!(笑)

そして、ホタル観賞!!

今年は数が少なめとのことでした。

それでも、肉眼できれいな光の軌跡を追うことができました☆

ただし、祭り帰りの車のヘッドライトの関係上、写真撮影は思うように行かず…(仕方ないことですが…)。

あいにく、公開できる画像はございません…。

大変申し訳ございません。

ぜひとも、生で光のファンタジーをご覧ください♪

…以上が、お祭りの紹介です。

やはり鍾乳洞&白山川&ホタルはきれいでした☆

そして、その背景に地元の方の努力や熱い思いがあることも決して忘れてはならないと、改めて感じました。

最後にもう一度、ぜひホタルの里:三重町白山地区へお越しください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

2010豊後大野ふるさと振興祭あさじ会場

お疲れ様です、takatchです!

本日は、午前中市内一周駅伝のスタッフに出ていました。

その後、ふるさと振興祭会場へ行きました!

私は朝地町会場へ行きました!

また、今日は緒方町でも開催されました。

ただし、あいにく緒方町会場にいっておりません。

申し訳ございません…。

それでは、朝地町会場の様子を写真にて紹介します!

○マジック

Img_9610

熊本からいらっしゃったマジシャンが、ミラクルを起こしました!!

○のど自慢大会

Img_9612

朝地町と大野町の方々が熱唱されました!

○津軽三味線

Img_9613

世界的な三味線奏者:大野敬正氏が演奏!

和洋折衷の新Style曲から、古来からの正統派曲まで演奏。

プロの演奏は迫力があり、聞き入りました!!

○ゴリラ大分ヒートアップ

大分のローカル局で放送されている番組収録が行われました。

とある競技にチャレンジし、成功すると賞金ももらえます!

今回は、「背面スローイング」でした!

Img_9615

○ベリーダンス

Img_9630

魅惑の踊りに、男も女も釘付けでした♪

○日本文理大学チアリーディング

全国大会9連覇の輝かしい実績を持つチアリーディング部です!

自分たちの演技はもちろん、子どもたちへの体験チアリーディングも行われました!

日本一の演技に、歓声がこだましました!!

(※撮影は一切禁止だったため、画像はありません。)

○板井迫子ども神楽

Img_9661

演目は「柴曳」。

小学6年生&4年生の荒神が会場を練り歩きました!!

○板井迫神楽

Img_9682

ヤマタノオロチにみたてた俵を真剣で斬る…大野系神楽の特徴です!

今回も思いっきり退治しました!!

○よさこい

Img_9691

朝地の盛り上げ隊のみなさまによるよさこいです!

小中学生も混じり、元気いっぱいのステージとなりました!!

その後、抽選会・閉会式・餅まきが行われ、すべての日程が終了!

朝地のイベントは本当に面白かったです!

スペシャルゲスト目白押しの印象がありました!

また、出店の料理もおいしかったです!

活気がありました!!

さらに快晴となり、まさに秋祭りでした☆

楽しかったです♪

以上、レポートでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

豊後大野川フェスティバル2010

お疲れ様です。

本日二度目のtakatchです!

(なお余談ですが、takatchは本日誕生日です…(笑))

本日は、犬飼町で開催された豊後大野川フェスティバルに団長と2人で参加しました。

Img_9088

犬のしつけ教室

Img_9090

大分のローカルヒーローによるショー

Img_9117

子どもたちの大レース

Img_9119_2

会場のそばを流れる大野川。

大分三大河川のひとつです(ほかは、大分川と山国川)。

この写真の場所に、かつて犬飼港があったといわれます。

参勤交代道:肥後街道の要衝で、ここから大分市鶴崎まで船で下ったといわれます。

さて、この後は歌謡ショーや花火大会と続きますが、

私たちはここにてお暇いたしました。

なお、今回は県議・市議の方にお会いでき、挨拶いたしました。

私たちの活動を温かく応援してくださいました!

本当にありがとうございました。

豊後大野市各町でふるさと振興祭が11月中に行われます。

スタンプラリーも行われており、景品もございます。

ぜひ、11月は毎週豊後大野市へお越しください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

おがた五千石祭

お疲れ様です、takatchです!

季節は秋祭りの頃。

各地で行われていることでしょう。

さて、今回はおがた五千石祭について紹介いたします。

毎年9月23日に開催されている、緒方町を代表する秋祭りです。

詳細ですが、こちらをご覧ください。

http://ameblo.jp/takatch/entry-10656980532.html

(takatch個人のブログとなりますが…。)

まさに町をあげての大きな祭りで、地元の方々に愛されている祭りだなと感じました。

わずか1時間半のみの滞在でしたが、にぎやかで楽しめたお祭りでした☆

さて、私事ですが、今度の土曜日は地元の地区で秋祭りがあります。

獅子舞をします!

若者が郷土芸能…これも青年団ぽいかもですね!?(笑)

がんばります!

最後に、五千石祭の画像を紹介しておわります。

Img_0281

Img_0311

Img_0335

| | コメント (0) | トラックバック (0)