« ☆高瀬拓士氏との交流会☆ | トップページ | ☆☆☆祝!1周年!☆☆☆ »

2011年11月27日 (日)

宮崎県串間市の青年たち

2011.11.26(Sat) @日田市大衆食堂「いちふく」


こんばんは、事務局のタカッチです。



昨夜は、日田市へ行きました。
日田市に宮崎県串間市の青年団体メンバーが研修にいらっしゃると県団長より連絡。
前日夜に急遽参加することが決まりました!


個人的に、串間市の青年団の方にお世話になっています。
とある団員とは3年来の付き合いで各地で会っていますし、
その他の団員さんとも今年9月の「九州青年祭inみやざき」でお世話になっていました。
→http://bungo-ohno-seinen.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/42in-da78.html

今回は、青年団以外にも、商工会や農協などの青年部の方が参加していました。
串間市内には様々な青年団体があるそうです。
そこで、うまく横の連携をしながら、串間市を盛り上げていこうとされています。
(いわゆる青年団体連絡協議会のようなものですね。)

今回は、豊後高田市で現地研修、日田市で活動されている団体との交流のため、はるばる大分県までいらっしゃいました。



さて、飛び入りながら、県団長と交流会場にお邪魔しました。
串間市の青年、日田市の青年と熱く語りました。


たとえば、串間市と日田市の青年と「どうやったら若い仲間を増やすことができるか」について議論。
・「女性を入れると男性が入ってくるかも!?」
・「地道に活動しながら、賛同者を得る」

…など意見が出ました。


また、日田市の青年とは「どうやったらまちづくりをうまく進められるか」についても語りました。
・「こちらが何か誘致政策・イベントを勧めようとしても、地元民の反対もある。要は、そこに生活している人のことも忘れてはいけない。うまく対話していかなきゃ大変なことになる。」
・「何だかんだで、最後は熱意。反対意見があっても、何度もチャレンジしよう!反対意見を逆手にとってアドバイスとして受け取り、最後まであきらめずにいこう!」

…と、熱く語り合えました。


さらに、串間市のベテラン(60歳以上)の方ともお話をしました。
この方は、年を重ねて気づかれた大切なことを教えてくださいました。

・「何だかんだで、“人との出会い”・“絆”が今では宝物。“○○ならあいつが詳しい”と伝にもなるし、いざという時に頼りとしたり頼りにされたり。」
・「人との付き合いは本当に大切。本人だけでなく、ご家族とも親しくしよう。いつどこでお世話になるかわからないしね。」
・「この年になると、“人生のために何か思い出・人のために役立つこと”をやりたくなる。そう思うリタイア組の人が多いはず。だから、そのような人・団体とうまく交流・協力できると大きな力になるよ。」
・「何だかんだで、“若い”というだけで大きな力!若い人は頑張ると、年配の人も頑張るよ!」


…こうした年齢の違った方ともお話できることで、視野が広がった気がします。
自分では思いつかない視点がたくさんありました。
特に青年団は、性別・年齢・職業などに関わりなく様々な団員がいます。
語り合い等を通じ、それぞれの視野や見識を広め・深めができますね!

Img_5741
↑交流会の様子


さて、あっという間に2時間半が経過。
楽しい時間はすぐに過ぎますね…。


最後は、日田式の一本締めで締めました。
足を肩幅に開き、二拍・一休止・二拍(パンパン・ウン・パンパン)です!

Img_5744_2
↑串間市青年団員と大分県団長ですが…ありゃ、凄いポーズ(笑)


その後、二次会が行われた模様。
私は玖珠のホテルに帰るため、これにてお暇でした。
(前夜に参加決定したので、玖珠のホテルしか空いていませんでした…。)

今回参加しての感想…

・串間市の方も、日田の方も熱い!
→地図を確認していただければお分かりいただけますが、串間市と大分県はかなり離れています。
それでも、はるばる大分まで来るということは、かなりの熱意・真剣さがあるゆえのことです。
そこまでして学びたいもの、出会いたいものがあるということでしょう!
「私も負けちょられんなあ…」と思いました。
また、日田市の方も熱い!
今後のヴィジョン、現状の課題について真剣に語ってくださいました。
日田市のこと、自分たちの活動のことにしっかりと向き合っているのだなと感じました。

・“本気な人”に、人はついていく
→日田市の団体代表は、とてもまっすぐで、熱い方!
自分の想い、日田への思いを熱く語ってくださりました。
そして、日田のとある団員は、「自分はまちづくりについてはまったく興味がなかったけど、あの代表の熱さに魅せられて活動に参加しました!あの代表と出会わなければ、今の自分はなかった」と語っていました。
前回の高瀬氏もそうですが、本気な人に魅せられ、刺激されますね!


・出会い、絆
→今回私が参加した大きな理由は、串間市青年団の方と再会できるからでした!
遠いところ、まさかこの大分の地で再会できるとは夢にまで思っていなかったからです。
このように、一度会ったことのある方、お世話になったことのある方とはまた会いたくなりますよね!
また、今回は青年団以外の熱い若者にもたくさん出会えました!よい機会でした☆
今後は彼らとの再会という楽しみもできますしね!
串間市のベテランが語られていたように、出会いは宝ですね!

・自分から動こう!(可能性は自分で開くもの)
→串間市の方は、遠い場所にも関わらずはるばる大分までお越しくださいました。
こうして積極的に動かれた分、かなりの刺激や学びがあったことだと思います。
とある串間市の青年が、「こうして遠くまで来たからにはしっかりと学びたいと思います」と語っていました。
このように、自分から動くことで、出会いあり学びあり、可能性が広がることでしょう。
また、日田市の青年が、「自分たちが頑張らないと!日田のために動けるのは自分たちだ!」と語っていました。
さらに、串間市のベテランは、「組織の中でも、時には誰かが率先して嫌なことを引き受けなければならない。」と語られていました。
主体性、積極性、勇気などの必要性を学びました。
こうして自分で動くからこそ、最後にはかけがえのない宝物を手にするのだと信じます。


…という内容でした!
以上、報告です。

---------------------------------------

<大分県豊後大野市青年団 なないろベース>

○H  P→http://bungo-ohno.oitars.net/

○MAIL→bungoohno@gmail.com

|

« ☆高瀬拓士氏との交流会☆ | トップページ | ☆☆☆祝!1周年!☆☆☆ »

人!(会っちきち)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365577/43167940

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎県串間市の青年たち:

« ☆高瀬拓士氏との交流会☆ | トップページ | ☆☆☆祝!1周年!☆☆☆ »