« 11月18日(金)大分合同新聞夕刊にて~山本信也さん~ | トップページ | おおいた豊後大野ジオシンポジウム1 »

2011年11月19日 (土)

ヒートデビルズ@豊後大野

こんばんは、事務局のタカッチです。


今日の午後は、地元に関する面白いシンポジウムに参加。
これにつきましては、明日のイベントと合わせ、後日2回に分けて紹介します!
予告ということで一言。



さて、そのシンポジウム後、大原(おおはる)総合体育館(フレッシュランドみえ)へ直行!
プロバスケットリーグ、bjリーグの試合試合観戦をしました!
私自身、約1年ぶりです!!

大分ヒートデビルズVS大阪エヴェッサの試合です。
その模様を紹介します!


まず、選手入場!
ホームということで、ヒートデビルズの選手が入場すると大歓声が起こりました!
Img_5434


その後、橋本豊後大野市長が歓迎の挨拶。
Img_5439
今回ははるばる大阪から選手及びサポーターがこの豊後大野市にお越しくださいました!
本当にありがとうございます!
ぜひ、大分&豊後大野も楽しんでくださいね♪
(大阪のみなさまが縁あって豊後大野にお越しくださることが、本当にうれしくてたまりません!(笑))


その後、オープニングセレモニーでも市長が活躍!
選手にパスを回し、選手がダンクシュートを決めます!
Img_5443


そして試合開始!

Img_5444
白熱した試合となりました!



先に結果ですが、大阪エヴェッサが勝ちました!
ヒートデビルズ残念です…。

ただ、面白い展開がありました。

後半終了数秒前。
大阪76-73大分の3点差。

ここで、大阪側がファールを犯し、大分がフリースロー3投頂きました。
1投でも外せば負けが確定する状況で、大分は3投とも成功!
ここで劇的に同点に並びました!!

このまま同点で終了かと思われた、試合終了まで0.5秒というところで、なんと大分側にファール判定。
大阪に2投フリースローが与えられました。
1投でも決まれば、大阪の勝ちが決定する場面。
なんと、ここで大阪は2投とも失敗…。
延長戦へ突入しました。

おおげさかもしれませんが、わずか1~3秒の間にものすごいドラマが重なるのだと実感!
奇跡が起きるし、悲劇も起きる…そんなものですね。


また、ハーフタイムには、地元の子どもが大活躍!
菅尾石仏子ども太鼓のみなさまによる太鼓の披露があり、試合に花を添えました☆
Img_5448
力強く、かつそろった音が見事でした!
大阪サポーターも拍手を送っていたのが印象的でした☆
さらに、近くに座っていた観客が「うまいな~」とつぶやいていました!



なお、先週のふるさとまつりで青年団テントにお越しくださった早川選手も頑張っていましたよ!
6103259_1408715261_78large
身長205cmと、大柄な体格でしたよ~!

明日も大原体育館で同じカードが行われます。
私は観戦できませんが、他の団員が参加予定です!
両チームの健闘をお祈りいたします♪



いやぁ、地元にプロの選手が来て、本場の試合観戦ができるのがうれしいですね~!
すごさを実感できますし、憧れの選手を間近で応援できますしね☆

また、近年はこの他にもプロバレーボールリーグの試合や相撲の巡業もこの体育館で行われました。
それほど質のよい素晴らしい施設なのだなと実感しています!
このような素晴らしい施設が地元にあるので、地元民も活用しなきゃ損という考え方もできますし、
豊後大野の自慢の一つとして捉えることもできますよね!
もちろん、この施設運営・維持には多くの方がの努力があることも忘れてはいけません。


今日は貴重な体験&楽しい想い出ができました!
「豊後大野、実はすごい!」と感じた一日でした(笑)


以上、試合の模様でした!

---------------------------------------

<大分県豊後大野市青年団 なないろベース>

○H  P→http://bungo-ohno.oitars.net/

○MAIL→bungoohno@gmail.com

|

« 11月18日(金)大分合同新聞夕刊にて~山本信也さん~ | トップページ | おおいた豊後大野ジオシンポジウム1 »

ドキュメントし隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365577/43074031

この記事へのトラックバック一覧です: ヒートデビルズ@豊後大野:

« 11月18日(金)大分合同新聞夕刊にて~山本信也さん~ | トップページ | おおいた豊後大野ジオシンポジウム1 »