« ☆7月大交流会☆ | トップページ | 7-22-2011 作戦会議~小さなことからコツコツと~ »

2011年7月10日 (日)

【クイズ!】石仏・磨崖仏Part2&3

こんばんは、事務局のタカッチです。

今回は久しぶりにクイズです!

あえて正答を公表しないこのコーナー(笑)

正答を各自調べていただいたり、予想されている場所を実際に訪問されたりを通じ、

豊後大野に興味を抱き、知識を深めていただければというコンセプトがあるためです。

その点、ご理解をお願いいたします。

(どうしても正答を知りたいという方は、下記のメールに連絡をお願いいたします。)

さて、今回のクイズは奥豊後文化を代表する「石仏・磨崖仏」についてです。

今回は2問出題します。(通算2問目&3問目です。)

【Q1】次に紹介する石仏・磨崖仏はどこでしょうか?(難易度:易)

大野川の近くにある石仏です。

実は国指定史跡です!

Img_1447

祠が整備されています。

岩壁には「南無大師遍照金剛」と刻まれています。

弘法大師関係でしょうか?

Img_1448

暗くて見づらく失礼します。

高さは3.76m。結構大きい不動明王坐像です。

画像では見づらいですが、両足の裏を見せており、他の石仏・磨崖仏と違う特徴を見せています。

Img_1450

近くにはたくさんの五輪塔や宝篋印塔があります。

この岩肌を見ると、やわらかそうです。

このようなやわらかく削りやすい岩がこの地域に多いことも、石仏・磨崖仏文化が栄えた要因のひとつでしょう。

さあ、この石仏・磨崖仏はどこでしょうか?

豊後大野市を代表するものの1つですから、わかりやすい・調べやすいと思います。

【Q2】次に紹介する石仏・磨崖仏はどこでしょうか?(難易度:やや難)

2問目、難易度があがったと思っています。

かつて岡藩の米所として栄えた町にあります。

Img_1409

丘を登ると、お堂と岩窟があります。

(画像を拡大していも、案内板()が読めないようになっています…多分(汗))

さあ、岩窟に入りましょう!

Img_1406

岩窟の中にさらに入り口が。

暗いので、電気を点けて入りましょう。

Img_1404

おお、インパクトがありますね!!

刀と縄ともっており、色も塗られています。

顔もインパクトがあり、まさに不動明王という感じです!

他の石仏・磨崖仏に比べ、極めて近世に彫られたと言われています。

Img_1410

この地から眺める景色です。

青々と水稲が育っていました!

岡藩の米所を彷彿とさせるような風景です。

さぁ、ここはどこでしょうか?

ちなみに、同じ町内に国指定史跡の石仏もあります。

以上クイズでした!

今後も石仏・磨崖仏をはじめ、豊後大野に関するクイズを出題いたします。

よろしくお願いします。

------------------------------------

<豊後大野市青年団>

H   P→  http://bungo-ohno.oitars.net/

MAIL→ bungoohno@gmail.com

|

« ☆7月大交流会☆ | トップページ | 7-22-2011 作戦会議~小さなことからコツコツと~ »

クイズし隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365577/40758075

この記事へのトラックバック一覧です: 【クイズ!】石仏・磨崖仏Part2&3:

« ☆7月大交流会☆ | トップページ | 7-22-2011 作戦会議~小さなことからコツコツと~ »