« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

豊後大野川フェスティバル2010

お疲れ様です。

本日二度目のtakatchです!

(なお余談ですが、takatchは本日誕生日です…(笑))

本日は、犬飼町で開催された豊後大野川フェスティバルに団長と2人で参加しました。

Img_9088

犬のしつけ教室

Img_9090

大分のローカルヒーローによるショー

Img_9117

子どもたちの大レース

Img_9119_2

会場のそばを流れる大野川。

大分三大河川のひとつです(ほかは、大分川と山国川)。

この写真の場所に、かつて犬飼港があったといわれます。

参勤交代道:肥後街道の要衝で、ここから大分市鶴崎まで船で下ったといわれます。

さて、この後は歌謡ショーや花火大会と続きますが、

私たちはここにてお暇いたしました。

なお、今回は県議・市議の方にお会いでき、挨拶いたしました。

私たちの活動を温かく応援してくださいました!

本当にありがとうございました。

豊後大野市各町でふるさと振興祭が11月中に行われます。

スタンプラリーも行われており、景品もございます。

ぜひ、11月は毎週豊後大野市へお越しください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボウリング大会

お疲れ様です!

takatchです。

昨夜(10月30日)は、大分市のCPボウルで、大分市青年団主催のボウリング大会に参加しました!

大分県下の若者70名以上が一同に集いました!

なお、豊後大野市からの参加は3名でした。

まず、参加者全員でアイスブレーキングを行いました。

出会った人と握手をし、自己紹介しあいました。

その後、チーム編成。

3人1チームでゲームスタート!

Img_9073

2ゲーム行い、チーム合計点が多いチームが優勝です!

(※女性にはハンディとして、1ゲームにつきスコア+30点が与えられました。)


さて、2ゲームでもかなり盛り上がりました!!

20時半スタートで、気づけば23時を過ぎていました。

ドタバタありながらも、楽しくあっという間の時間でした♪

スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!

また、参加者の皆様、本当にありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

大分市青年団総会

お疲れ様です!

「oita.exe(大分市青年団)」と呼ばれる団体が昨夜、大分市で産声を上げました。
(exe(エグゼ)…拡張子のひとつです。詳しいことはわかりません(笑))

34年ぶりに、大分の県都に青年団が復活しました!
(大分県では、3ヶ月連続、青年団が設立(復活)いたします。
10月:大分市→11月:豊後大野市→12月:別府市。)

昨夜18時半より、コンパルホールで設立総会が開催されました。
我が豊後大野市青年団も団長と私の2人が参加。
総会のお手伝い&来月開催の我が団総会の参考にするためです。

Img_9035

↑開会前の様子です。

まず、県団長の挨拶。
これから一緒に大分を盛り上げていこう、県団も応援しますよとの激励。

次に、来賓挨拶。
県知事代理で教育委員会の方が挨拶されました。
昨今の若者の人間関係希薄化を打破し、有意義な青年期を過ごしてくださいと話してくださりました。

また、大分県団OB(ご意見番)のI氏にも激励の言葉をいただきました。

その後、総会へ。
団長・副団長の承認、事務局長指名、趣意説明等行われ、いずれも可決されました。

こうして大分市青年団が正式に設立されました!
おめでとうございます^^

その後二次会へ。
10名以上が参加しにぎわいました!
その中で、私たちの団はOBや県団長より、
来月の設立総会の確認やアドバイスを受けました。

さらに三次会へ。
カラオケです!
これまたキャラ濃いメンバーが集いました!
熊本で大暴れした私も、大分では少しだけおとなしかったかも…!?(笑)

さて、時間は0時。
3次会まで多くの方が参加し、元気ある設立日となっていました!
大分市の皆様、おめでとうございます!&お疲れ様でした!
そして、一緒に頑張っていきましょう!

なお、早速今日は大分市青年団主催のボウリング大会が開催されます!
大分県下から100名近くも若者が集まります!!
もちろん、私も参加します!!

さて、来月はいよいよ私たちの設立総会です!
準備頑張ります!

P.S 
大分県の青年団について各新聞で紹介されています。
昨日は、高校野球で有名な新聞社が朝刊で紹介してくださりました!
Img_9045

昨日、新聞記者がコピーしたものを持ってきてくださりました。
(実際はカラーです。)
県内版ページではドラフトよりも大きく扱っていただき、本当にありがとうございました!!
なお、近日中には地元の新聞社(ヘルクラウザーさんがCMしている)でも紹介予定です。  

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年10月28日 (木)

挨拶まわり

お疲れ様です、takatchです。

本日、我が市団長と県団長が、豊後大野市教育委員会と社会福祉協議会にあいさつまわりをしました。

(私は仕事で同行できませんでしたが、2名が私の職場に寄り、状況をうかがいました。)

これから地域で活動していきます。

その際、地域の方に大変お世話になりますし、地域のために活動してまいります。

そのための挨拶まわりでした。

今後も各方面へあいさつまわりする予定です。

みなさま、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

米軍基地について考える

お疲れ様です、takatchです。

先日22日(金)の夜、熊本市青年団主催の学習会に招待され、参加しました。
(過去に数回書いたとおり、この春まで私は熊本市青年団の団員でした。)

米軍基地問題に関する学習会でした。

沖縄県出身の大学准教授を講師に招き開催されました。

(この准教授とは、大学時代や青年団でたくさん個人的にお世話になりました!)

沖縄の歴史、米軍の基礎知識をおさえながらも、

沖縄出身である講師が、沖縄人としての本音を交えながらの学習会となりました。

O0800060010819585109

パワーポイントやレジュメを用いました。

印象に残った点は…

○海兵隊は、海軍として軍艦に乗ります。

 ただし、沖縄には大きな港が無いので、わざわざ佐世保から軍艦を呼ぶそうです。

 そうなると、なぜ沖縄に駐留する必要があるのという話になります。

 そこがおかしいと、講師の本音。

○ソウルにあった米軍基地は閉鎖となりました。

 それに伴い、ソウルの隊員は沖縄にやってきたとのこと。

 その事実をメディアが公表しないのもおかしいし、

 アメリカが北朝鮮や中国などを警戒するなら、地理的には沖縄よりも韓国の方がよいのではという本音。

○2004年8月、沖縄国際大学に米軍ヘリが墜落。

 沖縄の新聞ではこのことを一面で大きく取り上げました。

 しかし、全国の大手新聞紙では墜落事故について小さくorまったく紹介しないことも。

 (世間一般では、アテネ五輪開幕や巨人のWオーナー辞任の方が大きくPick upされた。)

 このことについて、講師や後述の芸人は怒りを感じたといいます。

 また、事故現場に日本の警察や大学長すら立ち入りできなかったこと、

 アメリカでは立ち入り禁止にした米軍の判断を賞賛したこと、

 当時の首相が夏休み中で対応を遅らせていたことに怒りを覚えたといいます。

○「お笑い米軍基地」というコントをする芸人がいらっしゃいます。

 彼らのドキュメンタリービデオを見ました。

 沖縄での常識が、全国ではそうでもないことがたくさんあります。

 たとえば、先述のヘリ墜落に関する新聞報道の大きな違いをネタにした漫才があります。

 (「世間一般では、アテネオリンピックがわーわーいってるけど、沖縄の新聞を見ろ!

 沖縄では、大学にヘリが墜落したことを一面に大きく載っけてるんだぞ!

 沖縄では大惨事が起こってるんだぞ!!

 なのに、何で東京の新聞ではまったく報道しないんだよ!!」という、怒りをこめた内容でした。)

 彼らのコントを通じ、沖縄がどういう環境であるのかを教えてくれたり、

 沖縄の抱える問題を沖縄県以外の人にアピールしたり沖縄県民に再認識させたり、

 沖縄人の本音を叫んだりしています。

 非常に印象に残ったドキュメンタリーでした。

…といったものです。

その他、質疑応答で議論もありました。


青年団活動は、楽しいだけのものではなく、しっかりと学ぶ活動も大切です。

そういう目的で行われた今回の学習会。

(今年の熊本市青年団のスローガンは「“がっこう”へ行こう!」。

“がっこう”=「学校」「楽校」など。)

単なる事実確認ではなく、当事者の声・本音を聞くことができたのが貴重な経験でした!

事実などは、自分で調査すればわかることもございます(ソースに信憑性があるかどうかには注意!)。

しかし、当事者の声や印象は、当然当事者に聞かねばわかりません。

そこではじめて気づくこともあります。

当事者がどう思っているのかを聞くことで、私達はどうするべきを考えやすくなります。


さて、学習会後は講師を交えての交流会。

そこでも議論になったり、新たな出会い・再会があったりしました!

有意義な時間でした!!

講師の先生、熊本市青年団の皆様、本当にありがとうございました!!

さて、我が団も学習活動をやりたいですね!

社会問題から役立つ実践講座まで、様々なことを学んだり習得したりして、有意義なものとしたいですね!!

そのための1つの手段に、当事者や本気の人と触れ合うことが大切なのではと感じています。

そのことで、学びや理解が深まったり、やる気が喚起されたりはずです!

いや、そうしていきたいですね!!

以上、報告でした!!(^_^)ゝ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

【クイズ!】石仏・摩崖仏Part1

ご無沙汰しております、takatchです。

久しぶりに、豊後大野市に関するクイズを出題します!

今回は、豊後大野市をはじめとした奥豊後地域の文化の象徴である「石仏・摩崖仏(まがいぶつ)」について紹介します。

この地域は、石仏・摩崖仏や石橋が多いことで有名です。

【Q1】この地域で石の文化が盛んな理由は、溶岩にあります。

   とある山の溶岩だそうですが、何山の溶岩でしょうか?

   お答えください。

  (※いつものことながら、ブログではあえて正答を紹介しません。

    直接現地時確認されるか、ご自身でお調べください。

    そうされることで、豊後大野市に大きく興味を持っていただければと考えるからです。)

さて、今回はとある石仏・摩崖仏を見に行きました。

豊後大野市内を通る幹線道路の近くにあります。

岩壁、地上3mの高さのところに不動明王が彫られています。Img_8876

少し見づらいですが、目の部分が朱で彩られています。

Img_8881

遠景です。

摩崖仏の横に薄く「南無阿弥陀仏」と彫られていたり、

お地蔵様がたくさん祀られていたりします。

また、地下水も湧き出でております!

(※画像が容量を超えていましたので、Uploadできず。。。

現地でご確認ください!)

Img_8882

摩崖仏の上に生えていた木です。

ものすごい褶曲をしています。

自然はおもしろいです!(笑)

Img_8883

摩崖仏入り口から撮影した町並みです。

ちょうど稲刈りをしていました。

摩崖仏も同じような景色を毎日見ていることでしょう。

【Q2】さて、この摩崖仏はどこでしょうか?(摩崖仏の名前は何でしょうか?)

(※上記のとおり、正答は示しません。)

初回にしては、難易度がかなり高い(標準~難レベル)です…。

最後の町並み写真がヒントです。

観光パンフレットにはほとんど紹介されていない分、

穴場でもありますし、より一層豊後大野を知る機会となるでしょう。

今後も豊後大野市に関するクイズを出題します!

(石仏に限らず、お祭りやグルメなど。)

よろしくお願いしますm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

市報ぶんごおおの10月号 掲載!

201009211458000

市報ぶんごおおの10月号をご覧ください!

「みんなの広場」というコーナーに、メンバー募集の記事が掲載されました!

これを機に、新入団員が増えることを祈ります!

市の広報担当の皆様、ほんとうにありがとうございました!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »